斎王の都を巡る明和町歴史コース

斎宮歴史博物館 さいくうれきしはくぶつかん
史跡斎宮跡地内に建てられている県立の博物館。
昭和45年から始まった発掘調査は現在も進行中です。

●三重県多気郡明和町竹川503


↓車で約5分 徒歩で約13分

いつきのみや歴史体験館 いつきのみやれきしたいけんかん
斎宮が最も栄えた平安時代斎王をはじめとする王朝人の生活をさまざまなプログラムで 体験できます。
十二単・試着体験など。

●三重県多気郡明和町斎宮3046番地25


↓車で約2分 徒歩で約6分

竹神社 たけじんじゃ
1911年、旧斎宮村にあった25社の神を合祀した神社。
周辺からは、明治時代の塀列や掘立柱建物跡が発掘されたため、斎王の御殿があった場所ではないかといわれています。

●三重県多気郡明和町大字斎宮2757-2


↓車で約11分

神服織機殿神社 かんはとりはたどのじんじゃ
機殿神社(はたどのじんじゃ)の他、末社8社が鎮祭されています。伊勢神宮では5月14日と10月14日に神御衣祭が行われ、織り上がったばかりの絹布と麻布が神前に供えられます。その絹布をこちらの神社で織ります。鳥居の正面にある大きな八尋殿は社ではなく、織子が作業をする場所です。

●三重県松阪市大垣内町字西ウハ240


神麻續機殿神社 かんおみはたどのじんじゃ
機殿神社(はたどのじんじゃ)の他、末社8社が鎮祭されています。
伊勢神宮では5月14日と10月14日に神御衣祭が行われ、織り上がったばかりの絹布と麻布が神前に供えられます。
その麻布をこちらの神社で織ります。鳥居の正面にある大きな八尋殿は社ではなく、織子が作業をする場所です。

●三重県松阪市井口中町字井出ノ里675


大淀西海岸ムーンビーチ キャンプ場

〒515-0302
三重県多気郡明和町大淀甲2943−11
TEL:0596-55-3946

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。